インプラントの名医なら可能です!

治療不可能とあきらめていませんか?
インプラントの名医と最新の治療技術が解決します。

歯槽骨再生が必要な状態

CT検査の結果、骨の厚みが足りないなど、顎の骨の状態がインプラント埋入に適していない場合は、最新の治療技術により状態を改善することによってインプラント埋入が可能になります。

顎の骨を増やす方法には、各患者様の骨の状態に合わせて様々な治療法がありますので、他の医院でインプラント治療ができないと診断された方も、ぜひ無料電話相談でご相談ください。
全国のインプラントの名医が納得いくまで説明してくれます。

上顎洞底挙上術(サイナスリフト・ソケットリフト)

代表的な治療法としてサイナスリフトとソケットリフトがあります。

上顎の骨の厚みが足りなくてインプラント体の埋入が困難な場合に骨を増やす治療法をサイナスリフト・ソケットリフトといいます。

サイナスリフトとソケットリフトはどちらも上顎洞底挙上術という治療法なのですが、患者様の残存骨の量によってサイナスリフトで行うかソケットリフトで行うかが変わってきます。


上顎洞底挙上術のサイナスリフト
上顎洞底残存骨が5mm以下の場合は「サイナスリフト」で行います。
サイナスリフトの手術法は上顎洞側壁を開洞するので、側方アプローチとも呼ばれています。




上顎洞底挙上術のソケットリフト
上顎洞底残存骨が5mm以上の場合は「ソケットリフト」で行います。
ソケットリフトの手術法は歯槽頂上から挙上するので、歯槽頂上アプローチとも呼ばれています。

上顎の歯槽骨の上部には上顎洞(サイナス)と言う大きな空洞があります。
歯を失った状態を長年放置しておくとこの空洞が広がり、上顎にインプラント体を埋入するための骨の厚みが足りなくなる場合があります。
このような場合に骨の厚みを増やして上顎洞の底を上げる治療法です。

GBR(骨再生誘導法)

GBR(骨再生誘導法)とは、欠損した歯槽骨や顎骨などの再生を促進する治療法です。
インプラント体を埋入するために十分な骨の量がない場合に利用されます。



歯が抜けたままにしてしまったり、歯周病などが原因で歯槽骨の幅が薄くなってしまうと、インプラント体を埋入するために必要な骨の量が足りなくなります。
GBR(骨再生誘導法)01



インプラント体を埋入します。
GBR(骨再生誘導法)01



インプラント体を支柱にし、自家骨または骨補填剤を入れメンブレンという人工膜で覆います。
そしてメンブレンが動かないように固定用のピンで固定します。

GBR(骨再生誘導法)03



メンブレンを固定したら、歯肉をもとの位置に戻して縫合します。そして安静期間を経てインプラント周囲の骨が安定するのを待ちます。
骨の再生速度に個人差はありますが、一般的には4~6ヵ月程度で再生され骨組織が安定します。

GBR(骨再生誘導法)04



骨組織が安定しインプラント体がしっかり固定されたら、人工の歯(上部構造)を装着します。
骨が再生され骨量が増えたことで、歯肉も滑らかな美しい形状になります。

GBR(骨再生誘導法)05



このページの先頭へ