インプラント治療の一回法と二回法

インプラントの一回法と二回法の手術の方法

インプラントの一回法と二回法
インプラント治療には1回法と2回法の2通りの手術法があります。
かつては感染予防のために2回法が主流となっていましたが、近年では医療技術の進歩により感染の心配はなくなりました。

また2回法は、ほとんどのケースに適用できますが、1回法は顎の骨の量が十分になければ適用となりません。



インプラント治療 1回法

1回法で使用するインプラント体はアバットメント(人工歯とインプラント連結部分)が一体化したワンピースタイプを使用し、インプラントの先端が歯肉の上に露出した状態になっています。

この状態で、インプラントと顎の骨が結合するのを待ちます。
インプラント体と周りの骨がしっかり結合したら人工歯を装着します。

1回法はアバットメントが露出した状態になっているため、再び歯肉を切開することなく人工歯を装着できます。

インプラント 一回法




インプラント治療 2回法

二回法で使用するアバットメントは1回法で使用したワンピースタイプではなく、インプラント体とアバットメントが別々になっているセパレートタイプを使用します。


【1次手術】

歯肉を切開しインプラント体を埋入するために顎の骨に穴を開けます。
インプラント体を埋入し、歯肉を元に戻して縫合します。
その後、埋入したインプラントが顎の骨と結合するまで待ちます。

インプラント 2回法 その1


【2次手術】

顎の骨とインプラントが結合したら2次手術を行います。
再び歯肉を切開し、埋入したインプラント体の先端を露出させます。
その先端にアバットメントを連結します。
切開した歯肉の状態が安定したら、人工歯を装着します。

インプラント 2回法 その2


このページの先頭へ