インプラントの失敗と成功

1本の歯なら約99%。
複数歯なら、それ以上の成功率を誇ります。

インプラントの失敗と成功
しかし100%でない以上、失敗もあるということになります。

失敗例の代表的なものにインプラント周囲炎と歯科医による技術的な失敗があります。
インプラント周囲炎については、清潔な状態を維持していれば問題ないのですが、お口のケアを怠って不衛生な状態を続けていると通常の歯と同様に細菌のかたまりである「プラーク」が蓄積してインプラント周囲炎を発症させてしまいます。

さらに進行していくと最悪の場合、インプラントの周囲の骨が痩せていきインプラント脱落へとつながります。

歯科医による技術的な失敗については、手術時の神経や血管の損傷、上顎洞底挙上術や骨再生誘導法の失敗などがあげられます。

しかし、これらの失敗例はごく稀なケースでインプラント周囲炎に関しては、メンテナンスをきちんとしていれば心配いりません。

当サイトで紹介している歯科医院でもインプラント治療後のメンテナンスには、たいへん力を入れています。
数ヵ月に一度歯科医院に行きメンテナンスをしてもらい、日常は通常の歯磨き同様にブラッシングするだけです。

また歯科医師による技術的な失敗は、ここで紹介する経験豊富で信頼できるインプラントの名医に依頼すれば心配いりません。
名医の技術も然ることながら近年の医療技術の進歩などによって安心して治療を受けていただけます。

インプラントは痛い、怖いといった先入観を持ち、大掛かりな手術を想像される方もいらっしゃるようですが、高い技術を持った名医であれば実は驚くほど短時間ですみ、痛みも少ないインプラント治療が可能です。

治療技術の発展により、安心してインプラント治療を受けて頂ける環境が整いました。

さらに、インプラントは自然の歯のように精緻に作ることができるので、見た目にも美しく、「第2の永久歯」と言えるほど耐久性、審美性に優れています。

インプラント治療の成功率は1本の歯の場合約99%、複数本の歯の場合はそれ以上と言われています。

ここで紹介する全国のインプラントの名医と歯科医院では、常にどんな症状においても100%に近い万全の治療法を採用。
確かな技術を持つ経験豊かな名医によってそれを可能にします。

インプラントの発達の歴史

インプラントの歴史

インプラントは長年の研究によってめざましい進歩を遂げてきた治療法です。
1965年に世界で初めてインプラント埋入に成功して以来、50年以上にも及ぶ臨床経験から、インプラントは一人ひとりのご要望に応えられる身近な治療法として定着してきました。

インプラントが世界中で受け入れられた理由は、従来の「入れ歯」や「ブリッジ」のように、残っている健康な歯を削ったりすることがないこと、「ブリッジ」の支えになるような負担もないことが挙げられるでしょう。

【1952年】
金属のチタンを骨の中に埋めると骨と結合する現象「オッセオインテグレーション」が発見される。

【1965年】
スクリュー形(ネジのような形)のチタン製インプうント体を用いて、ヒトヘの臨床応用が開始。
骨との結合様式や組織との親和性に関する研究や臨床研究が進められ、「オッセオインテグレイティツド・インプラント」の確実性が証明される。

【現在】
国際的に広く臨床に受け入れられる。
日本でもオッセオインテグレイティツド・インプラントが導入され30年以上が経過。
その安全性がより確かなものとなってきている。
インプラント先進国のスウェーデンでは約9人に1人の割合でインプラント治療が行われている。

このページの先頭へ